デポルテス~旬のスポーツネタ~

スポーツ全般。なんでも扱います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パリーグの東西対抗は打ち切り

パリーグ東西対抗は、今年限りで打ち切りになりました。
この試合は今年19回目を迎えていました。
リーグの小池唯夫会長は「一定の役割を果たした」と話したそうです。

実際のところ、あまり盛り上がってなかったですよね。
やってること自体、知らなかった人も多いのではないでしょうか?
同じ時期に日米野球とかあるし、去年からアジアシリーズも始めました。

あ、そう言えば、来年は日韓野球もやるんですよね。
ますますやってる時間がなくなりますし。
なかなか良い決断だと思います。選手の負担も増えますしね。

パリーグも昔に比べたら、人気も知名度も上がってきたと思います。
もう独自にやらなくても良いと判断したのでしょう。

でもその分をレギュラーシーズンで魅せてほしいです
今までよりもっと質の高いプレーを期待します。
これでリーグの人気が下がるのではなく、更に上がるために努力してほしいです。

スポンサーサイト

PageTop

井口は来シーズンもWソックス

2年契約が切れた井口が、来シーズンもWソックスでプレーすることになりました。
球団が3年目のオプションを行使しての、1年契約だそうです。

井口は今シーズン138試合に出場し、打率2割8分1厘、18本塁打、67打点の好成績を残しました。
Wソックス側は「何の不思議もない決断だ」と話しています。

更に「彼がいなかったら昨年のワールドシリーズ制覇はなかった。今季の数字もいい。来季の契約はこちらが選択するかどうかだけで、とても簡単な決断だ」とも言ったそうです。

これだけ言ってもらえたら、やる気が出ますよね
来年以降も活躍してくれることでしょう。
本人も納得の結果ではないでしょうか。

来シーズンは1年契約なので、より活躍してほしいです。
そうすれば、その後の契約に良い影響をあたえますしね。

PageTop

巨人戦の放送削減

日テレは、来期の巨人戦中継数増加に消極的なようです。
むしろ、今年より更に数を減らす予定です。

日テレ社長が「我々は巨人軍の球団経営に参画しているのではなく、放送権を購入して放映している立場。同業他社の話をするのは申し訳ないが、わが社にはTBSやフジテレビのような関係はない」と話しました。

巨人戦の放映権は、1試合1億円と言われています。
ところが思ったように視聴率が取れません。
今では完全な「お荷物番組」になっています。
放送時間延長もしなくなるなど、逆風は強まるばかりです。

もっとも巨人側としては、少しでも多く放送してもらいたいところ。
粘り強い交渉を続けるつもりです。
しかし日テレはあくまで強気の態度。
両者の溝は深まるばかりです。

いや~、ついに日テレにも見放されたか。
巨人の人気もだいぶ落ちましたね。
巨人一極集中」の時代も終わりになってきました。
これを見直すきっかけにしてほしいですね。

ほかのテレビ局も消極的です。
何年か前なら考えられない事態が起こっています。
巨人には今後のあり方を、もっともっと考えてほしいです。

PageTop

Jリーガーに早稲田進学の道

Jリーガーに早稲田進学の道が開かれました。早稲田通信教育課が今年から、Jリーガーを対象に特別選抜入試を実施します。

早稲田大学人間科学部では「高卒後にプロ入りし、大学へ行きたかったけど、行けなかったという人などを支援したい」と言っています。

それに対し、Jリーグキャリアサポートセンターでは「引退後に『現役のころはあんなに時間があった』という人が多い。やる気がある選手にはぜひ、受験してほしい」と話しています。

今回は通信教育での募集なので、希望者が出るのではないかと思われます。
なかなか面白いことを考えますよね。
スター選手はやらないかもしれませんが、そうでない人は結構やる人が多いんじゃないでしょうか。

もともとJリーグは現役中に何かを学ぶのを推奨してますしね。
プロとして上手くいかなかった選手の救済という面でも、良いことだと思います。
どんどん積極的にこの制度を利用してほしいです。

PageTop

アジアのライバルたち

アジアシリーズの韓国代表は、2年連続でサムスン・ライオンズになりました。
韓国シリーズの対戦成績は、4勝1敗1分けでした。

samsung.jpg


引き分けを入れて3試合が延長戦で、残りの片方が1点差の試合。
まさに実力伯仲のシリーズでした。

サムスンは、接戦になると手強い相手になりそうです。
競った試合を確実にものにしています。
日ハムには気をつけてほしいですね。

次に台湾代表ですが、LA NEWベアーズになりました。
台湾シリーズの対戦成績は、4勝0敗でした。

bears.jpg


こちらでも1試合延長で、2試合がサヨナラ勝ち。
優勝を決めた試合でも、同点の9回に一挙4点を取っての勝利でした。
なので、サムスン同様に粘り強いチームと言えるでしょう。

なお、中国は前回と同じく代表チームでの出場になります。

20061031134406.jpg


去年はロッテがアジアチャンピオンになりました。
今年は日ハムに頑張ってほしいです。
好ゲームを期待します。

PageTop

帝京が優勝

高校野球秋季東京大会は、帝京が優勝しました。
これで来春の選抜出場が確実になりました。

準々決勝で完封、準決勝でコールド、そして決勝も6-2と、文句なしの戦いでした。
それに対し決勝で敗れた桜美林ですが、関東の5校目と最後の1枠を争うことになりましたが、可能性は十分にあると思います。

九州でもベスト4が出揃いました。
この地区からは4校選ばれますが、準々決勝の試合が一方的なものばかりだったので、今後の結果に関わらず選ばれそうです。

しかも熊本工小城(佐賀)大牟田(福岡)鹿児島商バランス良く4つの県から出ているので、波乱はなさそうです。

このほかでは、今日関東大会の決勝があります。
東京との残り1枠の争いもあるので、注目したいです。

PageTop

ソフトバンクが黒田獲りに参戦

ソフトバンクが、広島・黒田獲りに参戦することにしました。
来期からの144試合制をにらんでのことです。

条件ですが、阪神に負けない3年10億を提示するんだとか。
これはあくまで設定しただけで、黒田が希望すれば「法外な要求以外は聞く耳を持ちたい」と言っています。

阪神が本命と言われていましたが、これで状況が変わってきました。
黒田が希望する「優勝争いできるチーム」という条件も満たしています。
チームの強さを前面にアピールしていくそうです。

これで小久保とあわせて、投打の柱の獲得を目指すことになりました。
両方とも獲れたら一気にレベルが上がりますね。
凄いチームになりますよ。

それに加えて、獲得資金も大変な額になります。
新人、外国人を含めて40億近くになるとのことです。
これには常務が、「経費に見合うだけの実力が見込めるのであれば、補強費の上限は設けない。球団をどうしても強くしたい、という考えは孫オーナーも同じだと思う」と言っています。

かなり気合が入ってますよ。
今年のオフのソフトバンクに注目したいです。

PageTop

小笠原の来期は未定

FA資格を取った日ハム小笠原が、まだ来期については白紙だとコメントしました。
期限ギリギリまで考えて結論を出すそうです。

「日本シリーズが終わって4日しかたっていない。実のところ頭の中がグチャグチャで、これというものは出てきていない」と言っていました。
まだ結論が出ていないことを強調しています。

でもどうするんでしょうね。
新庄、そしてヒルマン監督にまでいなくなられたら、自分は出ずらいだろうし。
周りの影響も少なからずあると思います。

去年のオフには「自分の球団だけでなく、外の評価も聞いてみたい気持ちはある」と言っていました。
しかし今になって「そのコメントは実際にその時の気持ち。時間がたつと変化もある。改めてそういうものを考えた時、頭がグチャグチャになった。どれが一番いいのか、限られた時間の中で考えていきたい」と言っていました。

「そういうことより、FAがどういうものかを理解しないといけない。家族と相談しながら、自分の中でしっかり結論を出したい。初めてのことだし、どういうふうになるのか、先輩たちに相談することもあると思う」と最後にこう付け加えました。

本当に迷っているんですね。
時間は限られているけど、最善の選択をしてほしいです。

PageTop

セギノールがパスポート失効

日ハムセギノールが、自身のパスポートを失効させていました。
現在アメリカの領事館で、再発行手続きをとっているとのことです。

Seguignol.jpg


セギノール自身のパスポートが今月6日で切れていたことに、気づいていませんでした。
14日に生まれた次男の顔を一目見ようとアメリカに出発するときに、ようやく気づいたそうです。
パスポートは切れていたけど、ビザが残っていたため、不法滞在にはなりませんでした。
そのため、再入国も問題なくできるそうです。

それにしても危なかったですね。
不法滞在となれば今シーズンはもちろん、来シーズン中の来日もできなかったそうです。
まさに不幸中の幸いというやつです。

もっとも現在申請中のパスポートの発行が遅れたら、アジアシリーズには出場できません。
球団関係者は、それだけを心配しているそうです。

セギノール不在となると、得点力ダウンは避けられません。
なんとか間に合って、最強メンバーで望んでほしいです。

PageTop

大リーグ記録≠世界記録

サンフランシスコ・ジャイアンツの主砲、バリー・ボンズFA権の申請をしました。
これによって、全球団との交渉が可能になりました。

大リーグ歴代1位ホームラン記録まで、あと21本としているボンズ
ここに来てFAで移籍するのではないかと言われてきました。

前回のFAジャイアンツに来たわけですが、今年で契約が切れます。
ボンズはチームが引き止めたら交渉に応じるということですが、
今のところジャイアンツ側からそのような話はないそうです。

球団としても756号の新記録は是非、自分のとこで迎えてほしいでしょう。
でも今回はFAなので、複数年契約が求められる可能性が高いです。
最初の年に新記録を達成して、後はサッパリ。
こんな状況を恐れているのでしょうかね?

もっとも来年は43歳になるから、それも心配してるかもしれません。
ずいぶんと長いことトップにい続けますよね。
だからこれだけのホームランを打てるんでしょうけど。

余談ですが、
大リーグは王のもつ868ホームランを世界記録として認めていません。
あくまでアメリカが世界一であって、ほかは低く見られます。
「ワールドシリーズ」なんてのを、やってるくらいですからね。

だからWBCのときイチロー「王監督の記録を認めさせたかった。日本のレベルを見せ付けるためにも、絶対に負けられなかった。こうして優勝できてとても嬉しい」みたいなことを言っていました。

あれには本当に感激しましたね。
日本、そしてアジアのチームのレベルを証明できた大会になりました。
アメリカなんて自国でやって、誤審つきでも2次リーグで負けるんですから。
そんなことがあったから、メキシコがアメリカに勝ったときは気分爽快でした。
ウヒャヒャ(っ´Å`*)ノ))⌒☆バシバシ

話をもとに戻します。
そんなわけで「大リーグ記録」に挑戦中のボンズ
どこかのチームは必ずほしがると思うので、退団→引退という心配はしていません。今後どこまでホームラン記録が伸びるかが楽しみです。

PageTop

オーストラリアに謝罪

FIFAのブラッター会長オーストラリアには謝りたい。オーストラリアがイタリアに勝つべきだった」と発言しました。

これはW杯決勝トーナメントのイタリアオーストラリアでの試合のこと。
0-0で迎えた後半ロスタイムに、イタリアにPKが与えられました。
これを決めて1-0での勝利。オーストラリアが敗れました。

問題はこのPKの判定で、当初から「疑惑」と言われていました。
それをうけてのブラッター会長のこの発言。
相変わらず凄いことを言ってくれますよね。
イタリアが優勝したもんだから、更に気持ちが悪いんだろうな。

確か日本オーストラリアの試合でも、発言があったよね。
同点の後半終了間際に、日本がペナルティーエリア内で倒される。
でもこの時は、ノーホイッスル。反則は認められませんでした。

その後に「あれは日本にPKを与えるべきだった」って言ってました。
そして今回も例によってPK騒動。
またFIFA会長が誤審を認めたような発言をしました。
まぁ「誤審はない!!」って言い張るよりは、人間っぽくて好きですけどね。

それにしても、サッカーは終了間際にPKで揉めることが多いですね。
ナビスコカップの千葉川崎の2試合目でもありましたよね。
もっとも、あれは1試合目が乱闘だったから、少し違う気もしますけど。

なんか多いなぁ~~、って思います。
誰もが納得する判定なんてないのかもしれないですけど、もう少しなんとかしてほしいです。

PageTop

ソフトバンクが選手に携帯配布

ソフトバンクの球団常務が、番号ポータビリティーの開始で、親会社の携帯電話を球団内に配布する方針を明かしました。

出た、ソフトバンク
数々のサプライズをやってる携帯の親会社が、また新たに1つ。
選手のみならず、フロント、コーチ、スタッフにも配るんだとか。
来年2月のキャンプを目途に行うそうです。

やっぱソフトバンクとしては、選手がドコモやauじゃ気分悪いよなぁ。
「球団選手」という顧客もゲット出来るし、話題にも事欠かないしね。

まぁ、表向きの理由は「通話やメールが無料の料金プランでコーチ間、選手間のコミュニケーションがはかりやすくなれば」だそうです。
プランまでアピールしてるよ、この会社(笑)
商魂逞しいですね~。

ほかにも「号外で~す!」とか言って、街中で自社の広告配ってますからね
そんな会社だから、選手の携帯ソフトバンクにするくらいは、どうってことないんでしょうね。

更に、福岡ドーム内でソフトバンクの電波が拾いやすいように、アンテナの工事もしちゃってます。
それによってファンにも携帯の乗り換えを積極的に進めるそうです。
もう、なりふりかまわないって感じですね。

まぁこんだけ批判めいたこと書いてるんですけど、自分の携帯ソフトバンクです。
ドコモやau、もちろんソフトバンクの関係者じゃないんで、そこらへんは悪しからずご了承を。

PageTop

大阪桐蔭の中田が通算65発目

大阪桐蔭の中田が、高校通算65本目のホームランを打ちました。
これで清原の通算64本を抜きました。

秋季大会に入ってからは散々だったけど、遂に捕らえました。
まともに芯を食ったら逆方向にも普通に持っていきますからね。
この試合のホームランも右方向でした。

しかも秋季近畿地区大会準々決勝という大事な試合。
この中田のホームランでチームはコールド勝ち。
ベスト4になって、来春の選抜出場を確実にしました。

ストレートを待っていながら、変化球に対応できたそうです。
しっかりとタメを作って右方向へ。完璧ですね。

中田の凄いところは、ピッチャーもできるところ。
1回戦では14奪三振の完封勝利。直球も145キロは出ます。
打つだけじゃないからイイですよね。

でもやっぱり最大の魅力は飛距離かな。
夏の甲子園・横浜戦で打ったセンターへ弾丸ライナーのホームラン
あれには度肝を抜かれました。
金属バットとは言え、まだ2年生なのにあんなのが打てるのか、と思いました。
むしろ、3年生でも普通あんなのは打てません。

その圧倒的な長打力は、来年からの低反発球でも関係ないでしょう。
これからの飛躍に期待したいです。

PageTop

落合監督、年俸変動性複数年へ

中日落合監督に対し、年俸変動性複数年契約を提示することになりました。

これは期間の保障はするものの、翌年の年俸は前の年の成績によって変わるというものです。
普通の複数年契約とは違い、アップダウンもあります。
単年契約との中間ぐらいの位置づけですね。

球団は数年前に赤字経営になったため、谷繁と井上とも同様の3年契約を結びました。
「ドラゴンズはそういう契約をしてきましたから」とのことです。
いくら赤字でも、これはどうかなと思います。
「今年までの3年間は素晴らしい実績」とか言ってる割には、あまりそれが反映されてない気がします。

パリーグの球団なんて、赤字でも普通に複数年結ぶのに。
バレンタイン監督なんて、その良い例ですね。
そういうことは出来ないのでしょうかね。

名前は複数年ですが、実質は単年とあまり変わりありません。
本当に評価してるのかな、と思いました。

PageTop

ヒルマン監督、アメリカで面談

日ハムヒルマン監督が、大リーグの3球団と監督候補として面談することになりまいした。
アジアシリーズより前に、渡米・帰国するそうです。

20061030100231.jpg


レンジャースアスレチックスパドレスから監督就任の要請がありました。
最初は電話で、と言っていましたが「直接面談という形を取らなければ、後で後悔すると思った」との理由で、渡米が決まりました。

このほかに「レンジャーズについては近くに実家もある。育成部長としてもともといたチームで、その時のメンバーもかなり残ってい。でもメジャーの監督が夢だったからといって、何も考えずにそれに飛びつくことはない」とも言っていました。

どうするんでしょうね、ヒルマン監督
いろんな記事を見てますけど、大リーグの監督にかなり傾いているようです。
その原因の1つとして、日ハムから提示された来期の契約内容があります。
日ハム側の条件は、単年100万ドル。
大リーグだと、複数年で100万ドルと言われています。

大リーグの関係者は、「日本ハムの条件はクレージーだ。本当に残ってほしいのかな」と言っています。
ロッテのバレンタイン監督は去年日本一になった際、4年で10億円以上の契約になりました。
それを考えれば当然の反応ですね。

日ハム側が条件を変更しないと、大リーグの監督になる話がますます現実味を帯びてきます。

PageTop

ソフトバンクのボールボーイを逮捕

福岡ドームでボールボーイのアルバイトをしていた人が、選手のユニフォームなど盗んで売っていました
これは球団の被害届けで発覚しました。

このアルバイトの八尋容疑者は、去年のシーズン中から盗みを繰り返していて、それを全部オークションで売っていました。
ユニフォームを100万円などの大金で、売りさばいていました。

今月27日にも「ホークス☆川崎選手の実使用ユニホーム」と銘打って、50万で売っていました。このほかにも、杉内、松中、大村、馬原らのユニホーム、バット、ボール、城島の捕手防具まで出品していました。
自宅からは67点の野球用品が押収されたようです。

八尋容疑者は「最初は出来心だった。高値で売れたので、金のために何回も盗んで売った」と供述。
動かぬ証拠があるため、犯行を認めています。

とんでもないやつだな、こいつは!
これのどこが出来心なんだよ!!
ボールボーイの立場を利用して、ロッカールームから道具を盗む。
しかも高値で売りさばく。
まったくどんな神経をしてるのか、理解に苦しむ。

1年以上に及ぶ悪質な犯行。
普通に刑事裁判にかけられるのはもちろんのこと、これから死ぬまで日本中の野球場から締め出すぐらいの事をして欲しい。
物を盗まないダフ屋が良心的に思えるよ、まったく。

一方盗まれた選手ですが「いつ盗まれたのか全然、見当もつかない」とのこと。
これで味をしめたんだろうな、この犯人。
ヒドイにも程がある。窃盗→高値で転売だからね。
言葉にならないくらい腹が立つ。厳罰を希望します。

PageTop

ワールドシリーズ第5戦

ワールドシリーズ第5戦は4-2でカージナルスが勝ち
24年ぶりのワールドチャンピオンに輝きました。

20061028131223.jpg


ますは2回にカージナルスが1点を先制します。
タイガースは4回、エラーで出たランナーをホームランで還し、逆転に成功します。
しかしその裏、フィルダースチョイスを足がかりに再び逆転。
4回が終わって3-2になりました。

試合はこの後少し動きがなかったんですが、7回裏にカージナルスが貴重な1点を追加。
そして最後は抑えのエースが締め、カージナルスが勝ちました。
先発ウィーバーの好投も勝因の1つですね。

Weaver.jpg


なおこの試合に田口選手はスタメンで出場し、3打数1安打1犠打を記録しました。
ちなみに、4回の逆転のホームを踏んだのも田口でした。
前の試合に続き、得点を重ねています。

このシリーズ全体として、両チームにミスが目立ちました。
エラー、暴投、野選などなど。
それだけが残念でした。タイガースは浮き足立ってしまったのかもしれません。
そのほかは接戦が多かったので、良かったと思います。

いや~、でもこれで今年の大リーグも終わりですね。
松井が骨折したり、メッツとタイガースの躍進があったし、中身のあるシーズンだったと思います。

これからしばらく本場の野球が見れないのは残念ですが、来年に向けて楽しみなことも多いです。
また思いもよらないチームが優勝するかもしれませんしね。

あとは日本人大リーガーが新たに誕生するかどうか。
そして彼らがどこのチームに行くのか。
今年のオフは、いつになく活発になりそうです。

PageTop

黒田が阪神にいく可能性

広島黒田阪神への移籍の意思を、近い関係者に打ち明けたそうです。
阪神は、金本を獲得したとき以上の条件を、提示する模様です。

黒田は大阪生まれの大阪育ち。
そのため、阪神幼いころから1番身近なチームだったようです。

黒田「優勝を経験したい。野球人である以上、緊張感のある試合で投げたい。札幌のお客さんがたくさん入っている中でやれるのは正直うらやましい」と明かしたそうです。

阪神は地元の応援が凄まじいですからね。
そこは魅力の1つのようです。
阪神としても、井川がいなくなる可能性が高いので、エース級の獲得を目指しています。
両者の思惑が一致することから、阪神に行く可能性が高いと言われています。

FAを使うかどうかでも迷っているようで、11月7日の期限ギリギリまで考えて決めるそうです。
広島として、エース黒田の流出は防ぎたいところ。
まして阪神に行かれたら、完全に金本の二の舞です。

そこで球団史上初めてFA残留を認める方針を示しました。
どうにか誠意を示して、残留に踏みとどまらせたい考えです。
黒田はどうするんでしょうね。
期限まで目が離せません。

PageTop

金村が手記

日ハムの金村投手が、手記を出しました。
1ヶ月前の問題発言から、日本シリーズが終わるまでの心境が綴られています。
以下、金村投手の手記です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

~僕は幸せ者…泣けた…みんなに支えられたシーズン~
本当に僕は幸せ者だ。優勝が決まって、みんなと抱き合っているうちに思わず涙が出た。

 最高のチームメートが、最高の舞台を用意して待っていてくれた。ヒルマン監督も、第4戦の先発という大事な試合を任せてくれた。ああいう発言をしてしまって、不安ばかりが募ったここ1カ月。きのうはブーイングもあるんじゃないかと思ったけど、ファンのみなさんがものすごい声援で迎えてくれた。もともと頭を下げたいと思っていたし、お立ち台にも上がって謝罪したいと思っていたから、勝つのが絶対条件だった。ファンの声援が大きかった。

 他のみんなにも支えられた。食事がのどを通らないというのは、こういうことなんだなとわかった。それでも妻(亜也子さん)は一切涙を流さず、気丈に振る舞ってくれた。くじけそうになった僕を『あんた、もう一回投げて勝つんだから』と励ましてくれた。

 球界の先輩からも、ありがたい言葉をたくさんいただいた。あの発言をした夜。東京にいた阪神の下柳さんと片岡さんに呼び出され『おまえ、おれがそんなこと教えたか。目を覚まさせてやるわ。今から来い』と怒られた。そこに行く前、嫁にも『今からしばかれに行く』と電話をしたが、先輩たちは『こういう経験がないと大きくなれない。いい勉強と思って前向いてやれ。成長するステップと思って頑張れ』とも励まして下さった。本当にありがたい言葉だった。

 レギュラーシーズン1位は家で見た。試合前にきょう決まると思ったら、12年分の思いがこみ上げてきて…。感極まって、先輩の岩本勉さんや新庄さんに電話をかけた。そこでも『おまえのために日本シリーズに行くから、しっかり準備しとけよ』と励まされた。テレビでみんなのビールかけを見ていたら、優勝が一番で、個人の成績なんかすべて吹っ飛ぶことがわかったし、僕の苦しみなんか関係ないと思った。

 今年は二軍落ちや、打球が当たったこともあった。でもプレーオフ出場停止中、フェニックス・リーグに参加して、久しぶりにがむしゃらに野球ができた。それで初心に帰れた。本当に苦しいシーズンだったけど、初めての日本一。最後の最後に報われたと思う。

(北海道日本ハムファイターズ投手)
~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんかジーンときますよね。
やっぱりいろいろ大変だったんですね。

KANEMURA.jpg


でも本当に勝てて良かった。これにつきます。
この先さらに良くなっていく金村投手の姿を見たいです。

PageTop

中日が小笠原シフト

中日小笠原獲得に向けて、準備を始めました。
小笠原の獲得を目指しているのは巨人、ロッテを合わせて3球団になります。

日本シリーズで打線が大ブレーキだった中日
それを打破するための人材として必要としているそうです。

その場合ファーストにはウッズがいるので、小笠原がサード、今シーズンサードを守っていた森野が外野に廻ります。
もともと外野も出来るので、再コンバートにも不安はないとのことです。

これでまた立浪がうくんだろうなぁ。
ベテランの出番の機会は、更に失われそうです。

そこまでして小笠原が欲しい中日
契約は2年10億程度を提示するようです。
オーナーも全力バックアップを約束しました。

秋季キャンプで早くも再コンバートをおこなう予定です。
獲得に向けて、一気に動いてきました。

PageTop

ロッテが小笠原獲りに参戦

ロッテ小笠原獲得に向けて、調査を始めました。

小笠原ロッテの地元・千葉に縁があって、中学、高校、社会人と千葉で過ごしました。
そして現在の自宅も、千葉県内に構えています。
その環境の良さを、全面にアピールしていくそうです。

アテネ五輪とWBCで2回千葉市民栄誉賞を受賞している小笠原
市長と地元財政界から、小笠原獲得を望む声があがっています。

ロッテとしても、左の大砲は必要不可欠。
打率だって稼げますし、守備だって問題ありません。
しかも地元出身の選手。
地域密着化を目指す上でも、当然の流れですね。

そうなったら、ファースト福浦、サード小笠原になるのでしょうか。
または、ファースト小笠原、サード今江で福浦をレフトで使うとか。
あの外野守備は褒められたもんじゃないので、どうするかは分からないですけどね。

そんなロッテの最大の難点は、資金面での劣勢でしょう。
巨人みたいに莫大な金額は提示できないと思います。
「ふるさと」であることを最大限アピールして、獲得を目指すそうです。

PageTop

「平山、キモイ」

中国戦で「神の手ゴール」を挙げた平山にチームメイトからブーイングがありました。その内容ですが、パフォーマンスをダメだしされたそうです。

平山は問題の得点を取った後に、スタンドに投げキッス
これに対してチームメイトがばっさり批判。
「気持ちが悪い」「あれはやめた方がイイ」など批判的なコメントばかり。
これは代表内だけでなく、FC東京の選手にも言われたそうです。

20061027172841.jpg


一番過激なのは「喜んだ時の顔が大仏みたい」と、パフォーマンス以外の部分も言われる始末。
これはさすがに本人も堪えたらしく「みんなに相当キモいって言われました。
僕は傷ついているんです」とのこと。
傷つくのも、当たり前って言えば当たり前ですけどね。

そして新しいパフォーマンスを考えるそうです。
そういえば平山って、Jリーグで初得点した名古屋戦でも看板を蹴って、10センチの穴を開けて厳重注意を受けてたよね。

それのかわりが「とっさに出た」っていう今回の投げキッスだけど、これまた不発。
パフォーマンスはやらない方がイイんじゃないかな。
まずはパフォーマンスよりも、プレーの精度を上げてください。

PageTop

外国人を育成

阪神が去年から採用された育成選手制度」を利用して、外国人の獲得を目指すようです。
外国人選手の育成枠は、始めてのことになります。

当たり外れの多い外国人選手。
それを正選手ではなく、育成選手として獲得する。
これはなかなか頭の良い方法だと思います。

外国人選手は、たいていの場合が高年俸です。
このため活躍できなかったときのダメージは、とても大きいです。
むしろ、外れの場合の可能性のが高い気もします。

それを育成選手にすると、年俸が安くて済む。
しかも1年目から活躍できなくてもいいから、選手も球団も慌てにくい。
みっちり練習させることで、伸びることは十分に考えられます。
メジャーだったら埋もれる人材も、花を開くかもしれません。

たまにソリアーノ(元広島)みたいなのもいるでしょうが、優秀な外国人選手を確保しやすいのではないでしょうか?
少なくても、年俸分くらいは働いてくれることでしょう。

あくまでも育成として採って、きっちり練習させ、大化けを期待するそうです。
どんな選手に育つか楽しみですね。
その注目のドラフトは、11月21日にあります。

PageTop

アジア大会のベッドが不足

12月のドーハ・アジア大会で日本選手団のベッドが足りないことが分かりました。
日本選手団811人に対し、割り当ては693人分だけのようです。

そういえば前回のアジア大会でも同じようなことがありましたよね。
そのときは2人部屋に3,4人で寝たり、会議室や娯楽室にベッドを置いたそうです。

しかし今回更にたちの悪いことに、簡易ベッドすら用意できないそうです。
そのため、寝袋を持っていったり、テントを張ったりして対応するそうです。

ひどい話ですよ、本当に。
「必要なベッドを確保できないのなら、そこで大会をやらない」ってくらいのことは出来ないのでしょうかね?
競技に影響が出るのは確実です。
余計な神経を使ったり、雑魚寝をするわけですから。

一応、ホテルも予約して対応はするということですが、それでもまだ全然足りません。
1部の人は、隣国のUAEから砂漠の中を車で通うことになるかもしれないということです。
いや~、普通にありえないですよね。
なんとかしてほしいものです。

PageTop

ヒルマン監督も退団の可能性

小笠原などの主力級の選手が流出しそうな日ハムですが、ヒルマン監督も退団の可能性が出てきました。
退団の場合、大リーグの監督になるそうです。

20061027144350.jpg


もともとメジャーの監督を希望していたヒルマン監督
しかも故郷のテキサス・レンジャースから要請がある見込みで、気持ちはそちらに流れそうだということです。
チーム関係者も「かなり本気のようだ」と心配しています。

監督も「レンジャースの監督は特別なことだ。球団ににかかわる仕事を是非やりたい。もちろん、そこで優勝に向けてチャレンジしてみたいという気持ちはある」と漏らしているそうです。

更に「北海道の子供たちがファイターズにあこがれるように、私が地元のレンジャースのファンになるのは必然的な流れ」とも言っているそうです。

これはだいぶ気持ちが大リーグにある証拠ですよね。
レンジャースのファンも、ヒルマン監督就任を期待している人が多いようです。
レンジャースの監督が解任されたし、ヒルマン監督もちゃんと日本一になった。
こんな環境もそれを後押ししています。

このままレンジャースから正式な要請があれば、一気に話は進みそうです。そうなると日ハム側としても、来年の監督を探さないといけません。
今後の動きに注目したいです。

PageTop

ワールドシリーズ第4戦

ワールドシリーズの第4戦は5-4でカージナルスが勝ち、
24年ぶりの制覇に王手をかけました。
ここからは最大第7戦まで、毎日試合が行われます。

試合は2回にタイガースが先制。
3回にも2点を加えてリードをひろげます。
対するカージナルスは、3,4回に1点ずつ確実に返し、1点差で終盤を迎えました。

そしてこの試合のハイライト。
7回裏にカージナルスが無死2塁のチャンスを迎えます。
ここで何と代打に田口
送りバントでしたが、これの処理を焦ったピッチャーが悪送球。
2塁から一気に同点のランナーが還ってきました。

田口も2塁に行って更にノーアウト2塁のチャンス。
これをものにして、田口が逆転のホームを踏み4-3と逆転しました。
相手のミスをついた見事な攻撃でした。

これで決まったかな、と思いましたが、タイガースも負けていません。
直後の8回表の攻撃で、すぐさま同点に追いつきます。
しかしその裏、カージナルスが再び引き離します。

結局この1点が決勝点で、5-4でカージナルスが勝ちました。
ちなみに田口選手は、更に打席が廻ってきましたがそれを生かせず、1打数0安打に終わりました。

さぁこれで3勝1敗。いよいよ王手がかかりました。
勢いのあるカージナルスが一気に決めるか、タイガースが本拠地に帰れるか。
タイガースの好材料は、不振だったI・ロッドが3安打したこと。
それがうまく影響すれば、まだまだ大丈夫でしょう。
明日の試合に注目したいです。

PageTop

落合監督が進退伺

日本一を逃した中日落合監督が、進退伺を提出する意向を示しました。
来期の去就について、自分からは動かないことになりました。

20061027133347.jpg


今年で3年契約が切れる落合監督。
就任してからの3年間で、優勝2位優勝と、素晴らしい実績を残しました。
しかし、日本一を逃した責任を取るために、今回の行動に出るようです。

もっとも球団側は、来年も落合監督と契約する模様です。
あくまで「監督から残らせてくれとは言わない」というだけです。
来年も中日の指揮を執ることは確実です。

常に強気な落合監督。
コメントの内容は決して評価出来るものばかりではありません。
そんな監督の「かっこつけ」にも見えてしまいます。
日本一になった日ハムに「おめでとう」やそれに近い賛辞はないんでしょうかね?
健闘をたたえて欲しいものです。

怪我をした選手の詳細も公開しません。
「戦略だから」とは言いますが、心配してるファンだっているんです。
アメリカなんて平気で「故障者リスト」に名前を載せます。

来年も指揮を執るでしょうから、もっと柔軟になってくれることを希望します。

PageTop

今度はしっかり記念球確保

サヨナラでリーグ制覇した日本ハムファイターズ。
あまりの喜びようで、その記念球が未だに行方不明なのは有名な話。

札幌ドーム始めての試合、初勝利などあらゆる記念球を保管してある札幌ドーム。
せっかくリーグ優勝したのに、そのボールを失くしてたから大騒ぎでした。
関係者は「札幌で日本一になれればそのボールを保管したいんだけど」と言っていましたが、まさにその通りになりました。
これで少しは救われますね。

今回のウイニングボールを掴んだ森本は、新庄と抱き合いながらもボールを失くさずに球団関係者に渡しました。
こうして記念球が無事に確保されました。

でも「それを取れば優勝!」ってボールが自分のほうに飛んできたら、選手ってどんなことを思ってるんでしょうね?
喜ぶ人が大抵だと思いますが、緊張してガチガチになる人もいるんじゃないでしょうか。
それはその選手にしか分からないことでしょう。

あとはフライよりもゴロのが緊張しそうですよね。
フライは捕るだけですけど、ゴロは捕って、投げて、また捕らないといけないですからね。

何はともあれ、今回はボールが無事で良かったです。
くれぐれも大事に保管して下さい。

PageTop

日ハムの今オフの動向

日本一に輝いた日ハムの選手ですが、来期の去就が見逃せない選手が何人かいます。
主なところを挙げていきたいと思います。

注目はなんと言っても小笠原
FAを取った今年は、移籍の噂がいろいろなところであがっています。
本人も「どういうふうに(他球団から)評価されているのか、価値があるのか知ることは今後のモチベーションのためにもなる」とコメントしています。

その移籍先として挙がっているのが、巨人
小笠原は今シーズン本塁打、打点の2冠に輝き年俸3億8000万円(推定)からのアップは確実です。
日ハムには厳しいかもしれないけど、巨人なら問題ないでしょう。
FA補強が大好きなチームですからね。

ほかにも実家が千葉だから、北海道だと厳しいようです。
現在は単身赴任状態のようです。
もうそれが3年も続いているので、「自宅から通える球団に」という思いもあるそうです。

そして気になる記事が1つ。
千葉出身の小笠原はかねてから巨人に好印象を持っているとのこと。
そうなると、相思相愛になる可能性もありますよね。
北海道で日本一になり、区切りとしても問題ないですから。

まぁ、これを全部鵜呑みにするつもりはさらさらありません。
でもだいぶ周囲が騒がしくなってきましたね。
どうなるか興味もあるし、心配でもあります。

もう1人チームを離れそうなのが、岡島
彼もまたFAでの移籍先を探しています。
小笠原と違うところは「宣言します。いろいろな球団と話をして日本以外でも僕を必要としているところがあれば行きたい」と、はっきり言っているところです。

国内に留まらず、メジャーも視野に入っているとのこと。
岡島も出世したもんだよなぁ。
巨人にいたときは、河原とコンビで試合終盤の盛り上げ役だったのに。
アメリカで通用するかも疑問です。

いずれにしても、日ハムは引退する新庄を含め、主力級が何人もいなくなる可能性があります。
是非とも引き止めにかかってほしいです。

PageTop

新庄剛志

本人も「(強運を)持ってるわ、オレ。ほんと、この漫画みたいなストーリー。
出来すぎって思いません?」
って言ってたけど、最後まで記憶に残る野球人生でしたね。

今シーズン序盤に突然の引退発表。
そして現役最後の舞台が地元での日本一
なかなか出来るもんじゃないですよね。

さすがの新庄も7回くらいから泣いてましたね
最後の打席のときは、テレビからでもはっきりと確認出来ました。
そして最後はウイニングボールを取った森本と、歓喜の抱擁。
その後の胴上げにいたるまで、ジーンときた人もいるのではないでしょうか?
最後の最後まで良かったです。

SHINJO.jpg


常にファンを楽しませることを第一に考えた、野球選手でありエンターテイナー。
そのあまりの奇抜さに、苦言を呈する人は少なくありませんでした。
でも全選手があんな感じだと困るけど、1人くらいはいても良かったですよね。
やっぱ楽しませてほしいですよ。

ホームスチール電光ベルト、バットを振り回しておきながらのセーフティーバント。
ほかにもピッチャーに挑戦してみたり、アメリカに行ったり。
フライをスライディングキャッチしようとして顔に当てたのは、絶対に忘れません。

生涯打率は.250程度ですが、このように多くの記憶に残ることをしてくれました。
あの強烈ながら周りを惹きつける、強いキャラクター。
どれを取っても過去にあれだけの選手はいなかったと思います。

引退してしまうのは残念ですが、北海道にチームを根付けさせるなど、計り知れない貢献をしてきた新庄
その彼の決断を、1野球ファンとして尊重したいです。

これからもなんらかの方法で、ファンの前にいつづけてほしいです。
最高のフィナーレを迎えた17年のプロ生活。
お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。