デポルテス~旬のスポーツネタ~

スポーツ全般。なんでも扱います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

松本が支配下登録

巨人の育成選手・松本が、支配下選手登録されました。
背番号は47に決まりました。

20070225090733.jpg


ドラフトの新人なので、わずか1ヶ月足らずでの快挙になります。
キャンプの序盤から、持ち前の俊足を遺憾なく発揮。
守備、走塁と実力が認められ、異例の早期登録になりました。

松本は「青い稲妻、松本匡史さんを尊敬しています。自分も、同じようなタイプの選手。足と守備をアピールして、それ以上に打撃もアピールしたい。背番号は去年まで工藤さんが着けていたので、聞いた時は『いいのかな?』と思いましたが、そのプレッシャーに負けないよう頑張りたい」と話していました。

アピールはじゅうぶんでしたね。
これからはトップバッターとして活躍してほしいです。
オープン戦での活躍も期待しています。

PageTop

高橋大斗が転倒

複合の高橋大斗選手がジャンプで転倒しました。
肩と背中を強く打ち、左肩骨折で全治3ヶ月の重症を負いました。

20070223184559.jpg


原因ですが、踏み切り直後に左足を板に固定する金具が外れたそうです。
そのため大きくバランスを崩して転倒してしまいました。
当然ですが、後半の距離は棄権します。

現在は手術は受けない方針のようです。
とりあえず2,3日入院しただけでなんとかなるみたいです。

それにしても信じられない事故が起こるものですね。
あの高橋大斗選手が転倒とは驚きです。
1日も早い回復を祈っています。

PageTop

バスケ選手が窃盗犯を逮捕

プロバスケットボールリーグに所属の選手が、窃盗犯を逮捕しました。
新潟アルビレックスBBの佐藤公威選手と小菅直人選手の2人です。

夜の入浴施設の駐車場で、男が車の鍵をこじ開けようとしていたのを所有者の女性が発見して、大声で助けを求めました。
そこに通りかかった2人の選手が追いかけて、路上で取り押さえました。

チームによると、この2人はスピードが売りだそうです。
プロのバスケ選手と追いかけっこしたところで勝てませんよね。
犯人は58歳だったそうですから、尚更です。

余談ですが、何年か前に箱根駅伝の選手が窃盗犯を捕まえたことがありましたよね。
その選手が「相手は1キロ4分くらいのペースで逃げていた。追いついたときに『俺は箱根駅伝の選手だ。どこまで逃げても追いかけてやる!』と言ったら犯人が観念した」と言ったのを思い出しました。

そして今回の出来事も良いニュースなので、大々的に報じてほしいですね。
佐藤、小菅の両選手には、これからもスピードを売りにしてほしいです。
試合での活躍も期待しています。

PageTop

FWは3人だけ

オリンピック予選・香港戦のメンバーが発表されました。
全部で20人いるのに、FWはたったの3人という選考になりました。

今回FWで残ったのは平山、カレン、李の3人。
森島と苔口をはずして、敢えてこの3トップに全てを託しました。

J2札幌との練習試合で結果を残せなかった森島と苔口。
何度となく決定機を逃したのが、反町監督の逆鱗に触れました。
試合中は数回、天を仰ぐような仕草も見せていました。

soriamti.jpg


最近の日本チームの得点不足は深刻です。
もう形がイイとか、そんなことは言ってられません。
代表に残った3人には、是非とも奮起をしてほしいです。

PageTop

高山が代表落選

ソフトボールの高山樹里が、代表から落選しました。
来月から始まる代表候補合宿に呼ばれませんでした。

この合宿には去年の日本代表34人と、書類選考の14人が参加します。
高山は去年の代表だったため、無条件で選ばれるはずでした。

しかし日本協会によると、若手を試す理由で昨年末のジャパンカップ、アジア大会代表から外れた際に、高山は代表資格も失っていたということです。

これは本人にも事前に通達されておらず、数日前に慌てて書類選考に廻りましたが、なんとそこで不合格になってしまいました。
これで高山は来月の合宿に参加できなくなってしまいました。

今年から監督が変わったんですけど、それも影響してそうですね。
個人的に嫌われているとか、そんなレベルの話の気がします。

高山はここまで3回連続でオリンピックの代表入りをしています。
しかも史上最多の8勝を挙げている、エース格のはずです。
やっぱ監督が嫌いだったのかなぁ。

当然のことながら高山は日本協会に説明を求めました。
どんな回答が返ってくるか楽しみですね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。